FC2ブログ

記事一覧

小倉記念 武豊の慧眼を信じるかどうか‥


明日の小倉メインの小倉記念。

酷暑の中のハンデ戦で非常に難解だし、小回りで紛れが多い競馬になりそうなのも厄介。

単騎逃げ濃厚なタニノフランケルだが、逆に言えば目標になってしまうし、速い脚が無いだけに4角手前で早目に絡まれるとお手上げ状態になってしまう危険も高い。しかもハンデの55㎏は近走成績からは見込まれた感もある。勝てるとしたら玉砕覚悟の大逃げでチャンスが出てくるが、松若騎手がそこまでの逃げを打つとは思えないのが‥。

1番人気のトップハンデのメールドグラースは小倉で2戦2勝。真夏の小倉での圧勝もあり、近走成績からも崩れる要素は見当たらないし、57.5という斤量も想定範囲なのだろう。

しかし問題は、既にG3を2勝もしている馬であるという事。

サマーチャンピオン2000を狙う場合、ここを勝つと新潟記念では酷量を背負わされる。
敢えて2着か3着に負ければ、新潟記念か58㎏か57.5㎏ハンデ据え置きで出走出来るだけに‥。

もし俺が全権馬主だったら敢えて2着3着狙いの競馬を頼んで、紛れの少ない新潟コースで全力投球の指示を出すけどな‥。

新潟記念の1着賞金が4100万。サマーチャンピオンシリーズのボーナスが3200万。

小倉記念の2着賞金が1600万。3着で1000万。

小倉記念で勝つのはサマーチャンピオンシリーズを狙うならリスクがありすぎるだけに‥。


てな訳で、武豊騎手の慧眼を信じるなら、アイスストーム。

1000万の調布特別を勝った時に、「小倉記念に行きましょう!」と言わせた馬で、進言通りのローテーションで、前走をきっちりと勝ったあたりはさすが武豊騎手という感じだった。

てか、思ったより人気になってしまい配当的妙味は全くなくなってしまったが、この馬もサマーチャンピオンシリーズ制覇の可能性が意外と高いかもしれない。

てな訳で、ハンデ戦だけにあまり力まずにアイスストームの単勝で遊んでみたい。







スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント