FC2ブログ

記事一覧

宮崎特別 エングレーバー総被り!


土曜日の小倉の準メインの宮崎特別。

圧倒的1番人気に推されそうなのが、プリンシパルステークスの2着ばエングレーバー。

プリンシパルステークスの3着馬ヒシゲッコウは札幌で2勝クラスを楽勝したし、中山の500万条件で撃破したエスポワールは、中京の2勝クラスで牡馬の古馬相手に圧勝!

対戦比較からも普通に考えれば、エングレーバーはオープン級の素質の持ち主だろうし、小倉のこのメンバーでは圧倒的に実力が違うはずなのだが‥。

気になるのは、異常なまでの暑さの中での休み明け。実際は休み休み大事に使われて結果を出しているだけに問題はないのかもしれないが‥。

それより大事なのは、今までの競馬経験がスローペースしか経験していないという事。

今回は小頭数の2000メートルで厳しい暑さも加味すると、スローに陥りやすい可能性もあるが、意外と先行馬が揃ってしまった感はある。

小倉特有の小回りを意識した前目前目のレースになると、結構乱ペースになりやすい。

そうなった時に強気の競馬をし過ぎると、不覚を取るという事もあるんじゃないだろうか?


てな訳で勝負は、同じ3歳馬ながら人気の盲点になってしまっているジョウショウムードの単勝!!

新馬戦は出遅れた挙句にスローペースでは手も足も出ない完敗だったが、2戦目は乱ペースを4角外から楽々と差し切ってしまったあたりに、非凡さがあった。

3戦目は休み明けの黄菊賞。

追い込みに不向きの京都2000メートルで出遅れながらも、後のホープフルステークス2着となるアドマイヤジャスタ、後のダービー馬となるロジャーバローズに次ぐ3着と強敵相手に大健闘した事を踏まえればエングレーバーと同等の力があるのかもしれない。

長期休養明けの京都2000メートル500万条件では、スローペースと+14㎏という馬体が影響してか伸びを欠いたが、ひと叩きされ馬体が絞れた阪神2000メートルでは小柄ながら阪神の坂を物ともせず差し切ったあたりは非凡だったし、馬群を怯まずに割ってきたあたり意外と能力はかなり高いと感じさせるようなレース内容だった。

それなのに、想定段階の人気ではかなり評価が低いのは不思議でならない。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント