FC2ブログ

記事一覧

関屋記念 サンデーレーシングの独壇場?


日曜日の新潟の関屋記念。

どっからでも狙えるレースではあるが、気になるのはサンデーレーシングが4頭も出しているという事。

2番人気濃厚なケイデンスコールはじめ3番人気になりそうなロシュフォール、地味に賞金を稼いでいるリライアブルエース、そして牝馬のフローレスマジック。

使い分け得意なノーザンファームというかサンデーレーシングがこんな大挙して出走させるのは何故なんだろう‥?

どれか勝てば良い感じの雑な采配にも見えるし、馬個々を見ても、完全にここに標準を合わせて来た感がないようにも思えるのが‥。

二兎を追う者は一兎をも得ず。

というわけで、ノーザンファーム系統のシルクレーシングでただ一頭出走してきたサラキアで勝負!!

デビュー戦勝ち2戦目でチューリップ賞4着、フローラステークス4着とG1出走にあと一歩足りない惜しいレースをしていたが、新馬勝ちの後に続けて重賞に挑戦したのはノーザンファームの期待の表れだ。

白百合賞で後の日経賞馬メイショウテッコンに敗れたのは誤算で、小倉の青島特別を楽勝!続くローズステークスでは出遅れてカンタービレを捉える事は出来なかったが、秋華賞の出走権を確保し、その秋華賞でも出遅れてチグハグな競馬ながら4着だったのだからやはり能力は高い。

休み明けで初の古馬との対戦に牝馬限定戦ではなく京都金杯を選択したあたりもこの馬の期待の大きさを物語るものだろう。

ヴィクトリアマイルを目指して使った阪神牝馬ステークスでは、またも出遅れで前残りのゴチャゴチャした競馬の一枠ではなす術なかったのも仕方ない。

それでも着順ほど負けていない。というかあのレース自体やや特殊なレースで能力を発揮しきれない馬だらけだった。

そして迎えたエプソムカップ。

少し待てば牝馬限定重賞もある中、敢えて牡馬相手にぶつけて来たのは勝算があったのだろう。

珍しく好スタートを決めてしまい逃げる形になりレイエンダの徹底マークに屈しはしたが、牡馬相手でも力量上位を示した一戦だった。

賞金的にも重賞を勝たなくては秋のG1戦線に出場出来ない身であるサラキアにとって手薄なメンバーのここは最大のチャンス!

あとは出遅れがないように祈るだけだ‥。

てな訳でサラキアの単勝で勝負!!

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント